Aカップは本当に辛い

 

 

Aカップ…それは本当に辛いです。

 

ここでは、私がAカップ時代に苦労した話をお伝えしようと思います!

 

1.かわいい服が選べない!

 

Aカップだと、シルエットが女性らしくならないので、かわいい服を着てもなんだか似合わない!ということが多々ありました。

 

私が似合う服と言えば、ボーイッシュなかっこいい系の服ばかり。本当はフリルがついたようなかわいい服を選びたいのですが、Aカップにそのような権利はありませんでした・・・

 

 

また、水着を選ぶのも一苦労です。

 

水着もまた、本当はこれを着たいなぁ、かわいいなぁこれ、、、と思う水着があったりしても、私が着ると似合わない!

 

しかも、パッドを入れまくるハメになるので、本当に不自然な胸に…。

 

男性と海に行くのが、本当にコンプレックスで嫌で嫌で仕方がありませんでした。

 

2.かがむと胸チラしてしまう

 

屈んだ時に、胸がスカスカなせいで、すぐに胸チラしてしまうのも、Aカップの辛いところです。

 

本当にスキあらば、という感じなので、常に胸元を手で押さえておかなければなりません。

 

まぁ、男性からしても私のない胸なんか見えても、まったく面白くないでしょうけれどね・・・笑

 

 

でも、本当に地味これは辛かったですね

 

 

3.女性としてみてもらえない

 

女性としてみてもらえない辛さと言うのもあります。

 

例えば、飲み会などに行った時。ほかの女性社員が酔ってしまって、介抱が必要になった時、他の男性社員が、こぞって優しく介抱してくれるのですが。

 

私の場合は、誰も介抱してくれず、むしろ相当しんどくても、他の女性の介抱に回されることが多々あったりしました。

 

女性としてみてもらえてないなぁというのは本当に思いますね。